単なる”使いやすさ”ではない本当の「ユーザーフレンドリー」の意味

今回は「UI/UX」と密接な関わりがある「ユーザビリティ」についてお伝えします。
「ユーザービリティ」という言葉、皆さんも一度は耳にしたことがあるかと思います。

ユーザビリティ(usability)は、「use」と「ability」(○○することができること、能力の意味)を合わせた造語で、
「有用性」「使いやすさ」「使い勝手」と訳されます。

ユーザビリティについても、考え方や定義が数多く存在しますが、一般的には「ISO 9241-11」での定義が広く認識されています。

特定の利用状況において、特定のユーザによって、ある製品が、指定された目標を達成するために用いられる際の、有効さ、効率、ユーザの満足度の度合い。
有効さ (Effectiveness): ユーザが指定された目標を達成する上での正確さ、完全性。
効率 (Efficiency): ユーザが目標を達成する際に、正確さと完全性に費やした資源。
満足度 (Satisfaction): 製品を使用する際の、不快感のなさ、および肯定的な態度。


「ISO 9241-11」

「利用状況」とは、ユーザ、仕事、装置(ハードウェア、ソフトウェア及び資材)、並びに製品が使用される物理的及び社会的環境のことです。

内容的にはUI/UXの定義と似ていますね。
元々、UI/UXという言葉の発祥も、「ユーザビリティ」を高める動きから派生したものです。

使いやすさだけでなく、利用状況やユーザー心理に焦点を当てる動きが高まり、UI/UXの概念が生まれました。

ユーザビリティは「使いやすさ」ではない


冒頭では”usability”の訳について「有用性」「使いやすさ」「使い勝手」と書きました。

しかし、「ユーザビリティ」とは単に “使いやすさ” という意味だけではありません。ISOの定義から、以下のようにあったことを思い返してください。

特定の利用状況において、特定のユーザーによって、ある製品が、指定された目標を達成するために用いられる際の、有効さ、効率、ユーザの満足度の度合い。

「特定の」「指定された」という箇所がポイントです。
つまり、”使いやすい” だけではないのです。「誰が」「どのように」「何の目的で」利用するのかを踏まえたうえで、最適化する必要があります。

例えば、利用用途からパッケージのシステムを利用しようとしても、必ずしも満足する体験を得るとは限りませんよね。会社が違うのであれば、社内の業務状況も、使う人間も違います。うまくいかないことは想像するのに難しくないでしょう。

本当の「ユーザビリティ」は、単に「使いやすさ」を目指すものではありません。目的や状況、ユーザーによって、調査したうえで最適化すべきものなのです。

初期ユーザビリティ改善に必要な観点

ユーザビリティの第一人者であるヤコブ・ニールセン博士は、自身の著書で、ユーザビリティは「5つの構成要素」を持っていることを紹介しています。

・学習しやすさ(Learnability)

はじめてでも馴染みやすく、ユーザがすぐ使い始められる

・ 効率性(Efficiency)

操作を覚えたら、素早く効率的に使用できる

・ 記憶しやすさ(Memorability)

しばらく使っていなくても、また使うときにすぐ使えるよう覚えやすい

・ エラー(Errors)

エラーを起こしにくく、エラーが起こっても容易く回復でき、かつ致命的なエラーが起こらない


・ 主観的満足度(Satisfaction)

ユーザーが満足でき、好きになり、楽しく快適に利用できる


『Usability Engineering』(日本語訳『ユーザビリティエンジニアリング原論』

繰り返しになりますが、ユーザビリティは

・特定の利用状況
・特定の目的
・目的ごとのユーザー
・固有の業務フロー …

など、さまざまな視点から検討されるべきものです。
上記の5つの観点を念頭に置けば、初期の感情である「使いにくい」ということは回避できるでしょう。

特にシステムのユーザビリティを懸念していない、つまり、使いずらいシステムを利用し続けるということは、労働時間や社員の士気に直接的に影響します。

イノベーションデザインラボでは、生産性・効率性を向上させるシステムを、
ユーザー主体設計(User Centered design)をベースに
UI(User Interface)/UX(User Experience)の技術を習得し、
ユーザーの利用目的、ニーズに沿った設計志向で業務課題を解決します。

まずは効果を可視化することが大切です。可視化する具体的な対象は「時間」×「人件費」=「効果」効果がイメージできることで確実なIT投資が可能になります。

IT活用・システムデザインに関するお悩みはご相談ください 。
まずはお気軽にご相談ください。

Contact

IT活用・システムデザインに関する
お悩みはご相談ください

お電話からのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-553-200 【受付】 9:00~18:00(土日・祝日除く)