ワークスタイル変革の推進!取り組むためには?

「ワークスタイル変革」と言われる背景に、日本の「少子高齢化」や以前から問題となっているブラック企業の問題など、極度な長時間労働などの労働環境の問題が表面化してきたことが関連していると考えられます。2019年に「働き方改革関連法」が施行され、ワークスタイル変革の推進として長時間労働の規制や有給休暇の取得義務化、高度プロフェッショナル制度の導入など、企業が取り組むべき内容が定められました。
日本は少子高齢化が進み、労働人口が減少している中で生産性の向上、優秀な人材の確保のために広い意味での「ワークスタイル変革」は、企業にとって欠かせない取り組みなのではないでしょうか。

ワークスタイル変革とは

ワークスタイル変革とは、働き方改革とも言い、働く人の視点に立って労働制度の抜本的改革を行い、企業文化や風土、日本人のライフスタイル、働くことに対する考え方そのものに手を付けていく取り組みのことです。「企業の生産性向上」「イノベーションの創出」「優秀な人材確保」が目的となっています。 

日々、世界情勢が変わる中で多様な働き方を認め、ダイバーシティを推進することで多くの人たちが企業で活躍できるようになりつつあります。時短で働く人や、出勤せずにリモートワーク・テレワークで働く人など、優秀な人材が様々な働き方で活躍できると、会社へのメリットは大きくなります。働く一人一人がより良い将来の展望を持ち得るようにすることを目指し、働き方改革すなわちワークスタイル変革こそが労働生産性を改善するための最良の手段として位置付けられています。「ワークスタイル変革」への取り組みは、「企業の成長戦略」だという認識が必要となってきています。

取り組みとは

ワークスタイル変革への取り組みは、労働環境を改善し、多くの人が多様な働き方で活躍できる環境整備だと考えられています。その環境整備の中で、2019年4月に施工された「働き方改革関連法」で定められている内容は、必ず実施しなければなりません。内容としては、「時間外労働割増賃金の支払いの義務」「年次有給休暇の5日取得」「フレックスタイム制見直し」「企画業務型裁量労働制見直し」「高度プロフェッショナル制度設立」などがあります。

ワークスタイル変革への取り組みは、長時間労働を是正したり、いつでもどこからでも仕事が出来る環境を作ったりすることであり、そういった労働環境の改善と整備を行うことが取り組みのポイントとなります。「いつでも・どこから」でも仕事が出来るような環境を作るには、システムの導入が必須と考えられます。離れた場所に居ても、社員同士の情報共有が可能となります。システムの導入には、現状の課題の把握や社員へのヒアリングが必要です。ヒアリングの結果、不要な業務や改めて見直すべき業務も見えてくると考えられます。

システム導入を検討されている場合、社内にて細かいすり合わせが必要不可欠です。システムを利用するユーザーや経営陣、システム担当者などが納得のいくシステムを導入してみませんか。

社内のIT活用について、ご相談・御見積は無料でご対応致します。まずは、現在のご状況をお話しくださいませ。

Contact

IT活用・システムデザインに関する
お悩みはご相談ください

お電話からのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-553-200 【受付】 9:00~18:00(土日・祝日除く)