デザイナーだけではない? デザイン思考の重要性

仕事をするうえで「デザイン思考」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。“デザイン”という言葉が入っているため「デザイナーのための考え方」と思われがちですが、実はデザイナー以外のすべてのビジネスパーソンにとって大切な考え方と言えます。では、なぜデザインに必要な考え方が一般的なビジネスパーソンにも必要とされるのでしょうか?

デザイン思考とは?

デザイン思考とは、デザイン制作における思考方法を用いそれによってビジネス上の問題を解決していく考え方のことです。デザイン思考において大切なことは、ユーザーのニーズをしっかりとくみ取ったうえで問題の解決へと導くことです。デザイン思考と対になる考え方として「アート思考」がありますが、アート思考はユーザーのニーズをくみ取ることよりも自らを表現することを優先する考え方です。そのため、対顧客の仕事を行っていくうえではアート思考よりもデザイン思考で物事を考える必要があるでしょう。

デザイン思考で問題解決していくためのプロセスとして、ハーバード大学デザイン研究所のハッソ・プラットナー教授が提唱する5つの手法があります。

1.共感(Empathize)
インタビューやアンケートなどを用いることでユーザーの行動を理解し、寄り添うことで問題点を見つけます。ユーザー視点でなぜこの回答に至ったかを考えるプロセスです。

2.定義(Define)
「共感」の段階で得られた情報を深掘りすることでユーザーの本当のニーズを探します。本当のニーズというものはユーザー自身も気づいていない可能性が高いため難しい段階ではありますが、とにかく深掘りして分析することが大切です。

3.概念化(Ideate)
ユーザーのニーズをどのように満たすか、アイディアを出し合います。この段階では実現性に限らず多くの意見を出し合うことが大切です。その手法として「ブレインストーミング」などが有効です。

4.試作(Prototype)
出したアイディアをもとに商品やサービスの試作品を作ります。想像だけでは見つからない問題点などが実際に形にすることで見つけやすくなるメリットがあります。

5.テスト(Test)
試作品を市場に出し実際にユーザーに使ってもらうことで、ユーザーからのフィードバックを得ます。その意見をもとに1~4の段階を再度確かめながら改善していく段階です。

なぜ必要なのか?

昔は新しいものを生み出せば誰でもそれを欲しがる時代だったのが、今は単に「新しい」だけでは魅力を感じなくなってしまいました。実際、私たちはスマートフォンという便利な製品に頼ることで、良い製品・悪い製品を自分自身で取捨選択できるようになりました。そういった状況では単に新しいものを作るだけではユーザーがついていきません。デザイン思考を用いることで、どんな人をターゲットにするか、どんな考えの人に使ってもらうかを分析しターゲットをピンポイントで狙うことでうまくユーザーを取り込む必要があります。

常にユーザー視点を意識する

冒頭でもお伝えした通りデザイン思考はデザイナーのためだけの考え方ではありません。仕事をしていくうえでデザイナーのような考え方、つまりユーザーに寄り添って物事を考えることは大変重要です。

イノベーションデザインラボでは、お客様の生産性・効率性を向上させるシステムを、ユーザーの利用目的、ニーズに沿ったデザイン思考で業務課題を解決します。まずは効果を可視化することが大切です。
システムの見直し、デザインの見直しをして見てはいかがでしょうか。 IT活用・システムデザインに関するお悩みはお気軽にご相談ください 。

マンガでわかる!イノベーションデザインラボ

contact us

ご相談・お問い合わせはこちら ご相談・お問い合わせはこちら