モックアップの基本知識と開発フローにおける位置づけ

モックアップの基本知識

モックアップとは、ウェブサイトやアプリのデザイン現場でよく使われる手法で、 ビジュアル面からデザインの仕様を確認するための方法 です。

デザイン業務では画面の要素や機能を固めていくことが共通のプロセスです。
このときに使われるのが、完成イメージを視覚的に表示して確認していくために使われるモックアップです。

モックアップを作成することで、紙に書いてある仕様やワイヤーフレームではわからなかった問題点が可視化でき、課題や修正点が早期に洗い出すことができます。工数やコストの削減にもつながり、効率的です。

モックアップの開発フローにおける位置づけ

画面仕様書などのシステム設計書はExcelやPowerPointで作成されるのに対して、モックアップはHTML/CSSで構成されています。

WEB上などで実際に動かすことができるため、UX(User Experience:ユーザー体験)の要素、インタラクション、クリックしたときに実行したい部分を確認することができます。

システムの発注に不慣れな方にとって、すべての要件を定義・確定することは、労力と時間を費やすものです。デジタルリテラシーは人それぞれである為、希望する機能や操作イメージをエンジニアに伝えることは簡単なことではありません。

システム開発の最初の段階として、企業担当者は「調達仕様書」に機能要件を列挙することなります。しかし、その内容から機能の細部や操作のイメージまで伝えることは難易度が高いと思います。

開発・導入前にシステムの仕上がりデザインや動きを画面上で確認できることで、要件定義の段階で実際に動く画面のモックアップを見ることができる為、システム導入後に相違があったということを減らすことができます。

わたしたちがデザインするもの

イノベーションデザインラボでは、デザインする対象は「データ」です。
“全てのユーザーを想定してデータをデザインする”ことが、 使い心地の良い、ユーザー主体設計に直結する一つの大きな要素です。

イノベーションデザインラボのモックアップアプローチは、システム導入から得る効果の可視化を実現し、確実なIT投資をアシストします。

IT活用・システムデザインに関するお悩みはご相談ください 。
まずはお気軽にご相談ください。

Contact

IT活用・システムデザインに関する
お悩みはご相談ください

お電話からのお問い合わせ フリーダイヤル 0120-553-200 【受付】 9:00~18:00(土日・祝日除く)