モックアップがシステム開発成功のカギを握る?

WEBサイトやシステム開発を行う際に重要となるモックアップ。モックアップを作成するにはそれなりに時間と手間がかかりますが、モックアップがあるのとないのとでは仕上がりの満足度に大きな差が出ます。今回はモックアップのメリットについてご紹介します。

そもそもモックアップとは?

モックアップとは日本語で「模型」の意味で、ビジュアルの完成サンプルのことです。WEBサイトやシステムを開発する過程において進捗や完成イメージのすり合わせは大変重要になってきます。モックアップを提示することで、色やレイアウトなどのビジュアルを早い段階からお互いに確認することが可能になります。

モックアップのほかに、「ワイヤーフレーム」や「プロトタイプ」という言葉を耳にしたことがある人もいるかもしれません。ワイヤーフレームは、構成や枠組みを検証する際に用いるもので、実際にコーディングしたものではなくデザインツール等で構成を作ります。プロトタイプは「試作品」という意味を持ち、動作や機能を追加しているものになっているため実際に使用する際の操作性などを確認することが可能です。ではモックアップを作成するメリットとは何なのでしょうか?

モックアップ作成のメリット

1.完成形のイメージがしやすい
開発側が口頭で完成形のイメージを伝えても、依頼者側に100%を伝えることはなかなか難しいです。その点モックアップを見せながら打ち合わせを行うことで、早い段階から完成形のイメージを共有でき、依頼者側も改善したい箇所を具体的に伝えやすくなります。

2.開発者と依頼者の認識のズレをなくす
実際のサンプルを見せることで両者のすり合わせがしやすくなります。また、口頭での説明はわかりにくいうえ、時間もかかります。長い時間かけて説明したのに何も伝わっていなかった…なんてことがあったら元も子もありません。実際に見ながら確認することで無駄な説明を省き、両者の認識を一致させることができます。

3.仕様変更のリスクを減らすことができる
モックアップ作成の最大のメリットといえます。モックアップを作ると時間や手間がかかるといったデメリットがありますが、開発の途中で仕様変更があるとモックアップを作成する以上にコストがかかります。またトラブルにもつながりかねません。モックアップを用いたコミュニケーションをしっかりととることで最短での開発を可能にし、トラブルも防ぐことができます。

モックアップアプローチを大切にしたシステム開発

システム開発成功にはモックアップの存在が必要不可欠といっても過言ではありません。
エイ・エヌ・エスではUIUXの観点からユーザー中心設計にてわかりやすく、操作性にこだわった業務システムの構築を行っています。要件定義の段階で動的なモックアップを作成し画面を見ながら要望等を伺うことで、満足のいくシステム導入を実現させます。システムに関するお悩みはぜひお気軽にご相談ください。

マンガでわかる!イノベーションデザインラボ

contact us

ご相談・お問い合わせはこちら ご相談・お問い合わせはこちら